どんな自己検査があるの?誰でも受けられる検査の種類について

どんな自己検査があるの?誰でも受けられる検査の種類について

どんな自己検査があるの?誰でも受けられる検査の種類について

 

健康ブームの影響を受けた人たちの健康に対する意識が高くなったこともあり、今では自宅で行える自己検査が人気を博しています。

 

 

 

忙しさや雰囲気の悪さを理由に病院での検査を避ける人は少なくありませんが、自宅にいながら精度の高いチェックにより健康を維持できるのです。

 

 

 

様々なタイプの検査用キットは取り扱われており、糖尿病などの生活習慣に関するものは誰でも受けることができます。

 

誰でも受けることができる検査の種類

 

在宅での自己検査には、必ず検査用のキットを使わなければなりません。現在では様々な種類のものが登場しており、気になる症状に合わせて使い分けができます。

 

代表例と言えるのが尿検査

 

尿検査で主にわかることは生活習慣病で、特に糖尿病についてチェックができます。糖尿病は性別や年代に関係なく患者数が多いことが特徴で、自覚症状がないため日ごろから検査しておきましょう。

 

その他の生活習慣であれば血液検査

 

病院で行われる痛い注射のような怖さはなく、指先を針のようなもので少しだけチクッとするだけです。人間ドックを受けていない人、肥満や運動不足が気になる人に良いでしょう。

 

性病も自己検査でチェックできる

 

若い人を中心として性病の感染が問題となっており、ネット記事などで話題になっています。しかし性病は患っていない者同士の性行為であれば、感染することはありません。

 

どんな自己検査があるの?誰でも受けられる検査の種類について

 

つまり日ごろからカップルで自己検査を続けていれば、安心安全に愛を育むことができると言えるでしょう。

 

性別によって方法が異なる

 

男性と女性とでは身体の構造が違うため、精液や粘液の採取も同じ方法ではありません。しかしどちらも比較的簡単であり、気になる部分や被検物に少し触れる程度の場合が多いです。

 

恥ずかしい検査も簡単にできる

 

実際に病院で行われる場合、次の内容は性別に関係なく恥ずかしい思いを強いられます。

 

  • 男性に多いクラミジアや淋病の検査
  • 女性のデリケートな部分に関係する子宮頸ガンやカンジダの検査

 

性器を見られたり触られたりすることは、相手が同性の医者であっても良い気分ではないでしょう。しかし自己検査によって誰にも見られることなく済むため、自分の身を自分で守ることにもつながります。

 

 

 

自宅で行える自己検査用のキットの種類は増えて続けており、信頼性も高く便利で気軽なものへと進化しています。不安に思っているのであれば誰でも検査を受けることができ、健康志向が高い人が念のために行うケースも増えています。

 

 

実際の検査機関抜粋はこちら