遺伝子検査を受ける場合はメリットとデメリットにそれぞれ注意

遺伝子検査を受ける場合はメリットとデメリットにそれぞれ注意

遺伝子検査を受ける場合はメリットとデメリットにそれぞれ注意

 

検査キットを用いて自宅にいながら遺伝子検査を行うことができますが、行う場合には気をつけなければならないことがいくつかあります。

 

 

 

病院で行う場合でも同様ですが、遺伝子検査にはメリットとデメリットの双方が存在するのです。良いことばかりではありませんが、悪い部分は工夫次第で回避できるため、心配性の人は一度受けてはいかがでしょうか。

 

遺伝子検査の主なメリットとは?

 

詳しく検査をすることで病気の発症リスクがわかれば、予防に努めることができます。現代では若い人の間でも生活習慣病患者が増えているため、食事の改善やダイエットのための運動意欲が高まります。

 

病気を防ぐきっかけ作りが最大のメリット

 

自覚症状がない病気でも詳しく検査をすればわかりますが、遺伝子検査によって自分の体質を把握するのは良いことでしょう。

 

遺伝子検査を受ける場合はメリットとデメリットにそれぞれ注意

 

食事や運動の習慣が正しければ病気のリスクを回避できるため、遺伝子検査は健康のためにも必要だと言えます。

 

遺伝子検査の主なデメリットは?

 

良いことばかりが目立ちますが、残念ながら以下の点について不利になるかもしれません。

 

  • 個人情報を検査会社に知られてしまう
  • 病気の発病リスクが高い場合は、生命保険に加入しにくくなるか保険料が高くなる
  • 遺伝子情報で雇用されにくい企業や業界がある
  • 健康を重視する人から避けられる傾向にある

 

特に情報が検査会社に渡ることは考えなければならず、多くの会社は非営利ではありません。

 

メリットとデメリットを考えて検査を行う

 

遺伝子検査には確かにデメリットが存在し、健康に関する情報が流れてしまうことは良くありません。しかしメリットも存在し、発病リスクの有無がわかれば生活習慣を改善できます。

 

健康で長生きしたい人には良い

 

生命保険に加入しても本人が若くして亡くなってしまえば、笑い話では済まないでしょう。体質を知ることで身体に良い食べ物や痩せるために必要なダイエット方法など、有益な情報が得られます。

 

デメリットばかりにとらわれると損をする

 

現在の医学は進歩しており、病院での検査以外にキットを使った自己検査も可能です。自宅で簡単に遺伝子検査ができることはメリットになり得ますが、デメリットばかりを考えないでください。

 

 

 

遺伝子検査を行う前にメリットとデメリットについてよく考え、受けるかどうかを自己責任で決めましょう。健康であることが証明されればプラスに働くことも多いため、自信がある人は検討すると良いでしょう。

 

 

実際の検査機関抜粋はこちら