病気リスクは遺伝子検査で分かる?早期発見・早期治療にも

病気リスクは遺伝子検査で分かる?早期発見・早期治療にも

病気リスクは遺伝子検査で分かる?早期発見・早期治療にも

 

病気は食事や運動で防ぐことができますが、気を付けているつもりでも突然倒れてしまう人は少ないとは言えません。

 

 

 

突然の病気リスクが高い人は存在しますが、不安なら自己検査で可能な遺伝子検査を受けると良いでしょう。人間の遺伝子には様々な情報が含まれているため、詳しく検査することで病気のリスクが判明するのです。

 

病気リスクと遺伝子の関係について

 

自己検査を検討する人は、まず遺伝子がどのように病気と関わりを持つか把握しておきましょう。よく遺伝によって髪の毛が抜けてハゲになることや、ガンなどの重大な病気になると言われますが、あながち間違いではありません。

 

病気の発症には遺伝子が影響を及ぼす

 

遺伝子が病気の発症の原因となることは研究によって判明しており、同時に生活習慣の影響も解明されています。

 

病気リスクは遺伝子検査で分かる?早期発見・早期治療にも

 

食生活や運動不足が要因となる場合は全体の70パーセントで、残りの30パーセントが遺伝子が要因と言われているのです。

 

検査キットを購入して調べてみよう

 

病院などの専門機関で遺伝子検査を受けることができますが、初めての人には自己検査をおすすめします。自宅で気軽に調べたい人や、病院まで行って悪い結果が出るのが怖い人に良いでしょう。

 

検査キットはネットで簡単に買える

 

遺伝子検査用のキットが取り扱われており、医療業界ともつながりが強いメーカーを選びましょう。医師などの専門家が監修しているものは信憑性も高く、ネット上で注文すれば病院まで行く必要がありません。

 

検査キットはいくらするのか?

 

調べたい項目について異なりますが、たとえばガンに関するものであれば平均額は15,000円です。病院で自己負担で検査を受けることや交通費を考えれば経済的であり、頻繁に行うわけではありません。

 

病気リスクを知る場合で注意すること

 

次に挙げるものは、遺伝子検査を受ける場合でも注意が必要となります。

 

  • 遺伝子検査の結果でリスクが低くても、環境要因で高まる場合
  • 食事か運動にだけ気を付けていて他のことに不注意である場合
  • 過去にガンなどを発症して治療を受けた経験がある場合

 

特に環境要因には気を付ける必要がありますが、具体的にはタバコなど発ガン性を高めるものです。タバコは肺ガンの他に様々な病気のリスクを高めるため、ただ検査を受ければ良いわけではありません。

 

 

 

自己検査による遺伝子検査を受けて良い結果が出た場合、生活習慣が良いと言えるためその後も継続してください。悪い結果が出たとしても落ち込まず、食事や運動など改善できることは多いことに気付きましょう。

 

 

実際の検査機関抜粋はこちら