血縁関係は本当にある?遺伝子検査で親子関係の有無を調べる方法

血縁関係は本当にある?遺伝子検査で親子関係の有無を調べる方法

血縁関係は本当にある?遺伝子検査で親子関係の有無を調べる方法

 

遺伝子検査を受けることで身体に関する様々なことがわかりますが、最近では親子関係の有無を調べるために受ける人が増えています。

 

 

 

親子の関係を証明して精神的に安心したい人、本当に自分たちは親子なのか不安や疑問がある、などの悩みがある人におすすめでしょう。精度の高い細かな分析を基づき結果が出され、匿名で受けることが原則ですが法的鑑定も可能です。

 

遺伝子検査で本当の親子なのかを知る

 

親子の関係は人生においてとても大きなものであり、勘当でもしない限りいつまでも続くものです。しかし何かのトラブルや悩みなどで、本当に親子かを確かめるために遺伝子検査を受ける人が存在します。

 

遺伝子を詳しく調べて親子関係の有無をチェック

 

検査を受ける理由は様々ですが、親子関係の検査は他の遺伝子検査よりも厳密厳格に行われることが多いです。

 

血縁関係は本当にある?遺伝子検査で親子関係の有無を調べる方法

 

個人のプライベートや人生に影響する可能性が大きいため、他の項目より詳しく調べ分析にも細心の注意を払っているのです。

 

親子関係の遺伝子検査はいくらかかるのか?

 

自己検査用のキットがありますが、価格の平均額は以下の通りです。

 

  • 個人が一人で受けるだけの場合は10,000円
  • 親子二人で受ける場合は27,000円
  • 両方の親と子の三人で受ける場合は35,000円
  • 兄弟姉妹二人で受ける場合は35,000円
  • DNA検査を行わない血液のみの検査の場合は16,000円

 

遺伝子検査用のキットは鑑定検査を専門とする機関のホームページから購入でき、匿名性や法的鑑定など結果を伝える方法を選べます。

 

親子関係はどのようにして調べるのか?

 

通常の遺伝子検査であれば口の中の粘液を採取するため、キットにある綿棒を使います。親子関係の有無について調べたい場合はへその緒や爪、毛根付体毛や体液を検体として分析するのです。

 

検体の種類によって難易度が異なる

 

親子関係の有無は詳しい検査をして判断しますが、綿棒を使って口の中の粘液を採取する方法は難易度が優しいとされています。

 

 

 

反対に便や尿などの排泄物では鑑定ができず、噛んだガムや靴に含むスプーンも向いていません。しかし女性が使うナプキンや血痕により判断はできるため、検査を受ける場合は希望する方法を選択してください。

 

 

 

親子関係に疑いがある場合、疑いを晴らして悪い気分から解放されるためにも勇気を出して自己検査を行いましょう。遺伝子検査によって本当の親子だと証明されれば、悩んでいたこともスッキリと忘れることができます。

 

 

実際の検査機関抜粋はこちら