HIVかどうかを知ることが出来る自己検査の流れと受け方

HIVかどうかを知ることが出来る自己検査の流れと受け方

HIVかどうかを知ることが出来る自己検査の流れと受け方

 

現代医学では完治することが望めないHIVには対策が必要ですが、その一つに自宅で受ける自己検査があります。病院や保健所でも検査ができますが、自宅にいながら気持ちを楽にして検査できることがメリットです。

 

 

 

HIVの自己検査を受けるためには、専用キットを取り扱っているメーカーのホームページから購入して検査を申し込むと良いでしょう。

 

HIVかどうかを自宅にいながら検査する

 

性病の検査治療を行う病院や保健所でHIV検査を受けることができますが、恥ずかしいなどの理由でなかなか行けない人もいます。デリケートな問題であり、病院で悪い結果が出てショックを受けることに抵抗がある人は少なくないでしょう。

 

勇気がない人にこそ自己検査がおすすめ

 

自宅で行う自己検査であれば病院まで行く必要もなく、一人で気軽に受けることが可能です。HIVかどうかを調べるためのキットが販売されており、医療と関係を持つメーカーの専用ページから購入できます。

 

HIVの自己検査の流れについて

 

流れそのものはシンプルです。検査用キットの購入を、ネット上で申し込みます。取り扱うメーカーや機関が医療と関わりがあり、監修する医師について情報が掲載されていれば心配はいらないでしょう。

 

キットが届けられたら尿や精液を採取する

 

男性の場合は尿や精液からHIVの有無を判断しますが、別の病気がないかもわかります。女性も同様に尿や精液を採取しますが、膣内に医療用綿棒を当てる場合もあります。

 

HIVかどうかを知ることが出来る自己検査の流れと受け方

 

血液を採取することもありますが、注射のように痛くはないため負担は少ないと言えるでしょう。

 

ポストに投函して結果を待つ

 

採取した後はキットをポストに投函し、結果が届くまで数週間から1ヵ月程度待ちます。親展の簡易書類で届けられますが、IDとパスワードを使った匿名のウェブ公開が主流となりつつあります。

 

HIV検査にはどのようなものがあるのか?

 

自己検査で行えるHIV検査には、次のようなものがあります。

 

  • HIVのみの血液検査
  • 感染例が増えている毒梅の有無も調べられる血液検査
  • クラミジアや淋病とセットになった血液と尿の検査

 

他の性病についても不安であれば、HIVの検査とセットになったキットを購入してください。HIVにならないためには感染者との性行為や注射の使いまわしを避けてください。

 

 

 

また、自己検査を定期的に受けることも重要です。自宅にいながらできる検査キットを使い、パートナーと安心安全なセックスを楽しみましょう。

 

 

実際の検査機関抜粋はこちら