自己検査を受けるために用意したい費用の特長について

自己検査を受けるために用意したい費用の特長について

自己検査を受けるために用意したい費用の特長について

 

病院やクリニックでは精度の高い検査を受けることができますが、最近では便利で使いやすい自己検査用の専用キットを選ぶ人が増えています。

 

 

 

費用についてですが、検査する項目や数によって異なるため一概には言い難いですが、病院で行う大掛かりな場合より安く済むでしょう。シンプルなものであれば4,000円から5,000円程度ですが、より詳しい検査結果が出るものは10,000円以上となります。

 

自己検査の費用の特長とは?

 

検査をするためにはたとえ在宅であっても、費用が発生するのは当然です。内容によって異なりますが、病院で検査を受けるより費用を安く抑えやすいことがメリットです。

 

簡単な検査の場合

 

たとえばチェックできる病状が一つだけのシンプルなものは、平均して4,000円程度かかります。検査キットを取り扱っているサイトでは、血液検査用のキットが3,500円前後で販売されています。

 

複数の検査が一度にできる場合

 

性病用のものに多いですが、一度の自己検査で複数の項目がチェックできるものはやや高いです。10,000円を超えるものがありますが、一度に複数の検査ができると考えれば便利でしょう。

 

費用はどのくらい用意すれば良いのか?

 

自己検査の費用については検査する項目の内容によって異なるため、人によってバラバラです。気になることが少なければ少額で済むこともあるため、10,000円も用意する必要はないでしょう。

 

最低でも5,000円は用意しておこう

 

安い場合では4,000円程度で足りますが、キットの送料などを考えれば5,000円程度が妥当です。念のため少し多めに用意しておくと、いざというときに困ることはありません。

 

項目によって費用は異なる

 

一般的に高くなる場合と、安く済ませられる場合とがあります。以下のように男女で大差ないこともあれば、女性が考えなければならないこともあります。

 

  • 性器ヘルペスのための検査は男女ともに約15,000円
  • HIVを含めた複数の項目の検査は男女ともに約10,000円
  • どれか一つだけの項目の検査は男女ともに約3,500円から4,500円
  • 女性のおりものから検査する場合は約4,300円

 

平均額は上記の通りとなりますが、費用を用意する際に是非とも参考にしてください。

 

自己検査を受けるために用意したい費用の特長について

 

自己検査は気軽に行って良いものであり、費用についてもあまり心配しすぎることはありません。どのような場合でも問題なくできるよう、少し多めに用意しておくことをおすすめします。

 

 

実際の検査機関抜粋はこちら