HIVは死なない病気になったの?勇気を持って自己検査を受けよう

HIVは死なない病気になったの?勇気を持って自己検査を受けよう  ※

HIVは死なない病気になったの?勇気を持って自己検査を受けよう

 

HIVに感染することで発症するエイズは確かに怖い病気ですが、現代の医学の進歩により死なない病気になったと言えます。残念ながら完治させるまでには至っていませんが、薬物治療によって発症を抑えながら生活を続けることは可能です。

 

 

 

HIV患者の中には普通の人と同じくらい長生きしている人もいるため、早いタイミングで自己検査を受けて感染の有無を確かめましょう。

 

HIVに感染しても死ぬことはない?

 

確かにHIVに感染することは恐ろしく、エイズを発症して死亡してしまうケースは存在します。しかし感染者のすべてが人生を奪われるのではなく、治療を続けながら生活している患者は少なくありません。

 

エイズの発症は抑えられるのか

 

HIVに感染した場合、エイズを発症しないための薬物治療を受けてください。体内でウイルスの増殖を抑えることにより、長期間にわたり健康な人と同じように日常生活を送ることが可能です。

 

治療は続けることが大切

 

一度治療を始めた場合、特別な場合を除いて薬物治療は続けなければなりません。HIVのウイルスに対して有効となるよう薬を組み合わせる必要があり、自己判断で止めずに継続することが求められます。

 

勇気を出して自己検査を受けよう

 

HIVに感染したとしても、早期発見であればあるほど治療は楽になります。性病科のある病院や保健所で検査が行われていますが、自宅で受けることができる自己検査が良いでしょう。

 

定期的な自己検査で感染を防げる

 

HIVに感染していないことがわかれば、予防に努めながら日常生活を安心して過ごせます。自己検査用のキットはメーカーのホームページから購入でき、頻度は定期的であれば十分です。

 

HIVは死なない病気になったの?勇気を持って自己検査を受けよう

 

定期的な検査によって感染していないことをチェックすることは、予防のためにも重要です。

 

HIVの自己検査のメリット

 

自己検査をすべき理由ですが、以下のメリットがあるからです。

 

  • パートナーと気軽に検査を受けることができる
  • 定期的な検査で陰性だとわかればその後の予防に自信が持てる
  • 病院や保健所に行く必要がなく匿名で検査結果がわかる
  • HIV以外の性病感染の有無も検査してもらえる

 

勇気を出して一度検査を受けて陰性だとわかれば、その後の生活を楽しめるなどのメリットが多いのです。

 

 

 

HIVに感染しないため予防することがベストですが、もしも検査結果が陽性であってもあきらめずに治療を受けるべきです。感染者のすべてがエイズによって死亡するわけではなく、病気とともに生きる姿勢が人生を明るくしてくれます。

 

安心の管理医療機器販売業届:中保生薬5158号 オウチde検査キット

 

 

 

実際の検査機関抜粋はこちら