梅毒やカンジダ等の病気を性病検査で早期発見しよう

梅毒やカンジダ等の病気を性病検査で早期発見しよう

梅毒やカンジダ等の病気を性病検査で早期発見しよう

 

性病は若い人の間で感染するイメージが強いですが、セックスパートナーがいるすべての人が予防すべき病気です。

 

 

 

感染を防ぐ方法は多く存在しますが、梅毒やカンジダなどの性病を患ってしまう人が存在します。疑いがある人は早期発見による治療が重要で、自宅で受けることができる自己検査がおすすめです。

 

性病は検査によって判明する

 

明らかな自覚症状がある場合もありますが、性病には自覚症状がなくわかりにくいものもあります。検査を受けた結果判明することが多く、感染者は自覚なく他人に移してしまう可能性があるのです。

 

性病の有無は自己検査でわかる

 

性病科のクリニックに行けば検査を受けることができますが、自宅でできる自己検査を選ぶ人が増えています。専用キットを使い精液や尿を採取し、梅毒やカンジタなどの感染の疑いがあるかがわかるのです。

 

性病治療は早い方が良い

 

どの病気にも言えることですが、治療を始めるタイミングは早ければ早いほど良いでしょう。たとえば梅毒は昔は不治の病とされていましたが、現在では早期治療によって完治が可能です。

 

早期治療のためには自己検査で早期発見

 

性病の発見が遅れる理由の一つに、病院へ行くことが恥ずかしいことが挙げられます。自己検査であれば自宅で行えるため病院まで行く必要がなく、同居する家族にも内緒にしていれば恥ずかしい思いはしません。

 

梅毒やカンジダ等の病気を性病検査で早期発見しよう

 

早期発見によって早期治療ができるため、性病の有無を知りたいのであれば検査キットを購入しましょう。

 

早期発見のために意識すべきこと

 

性病の早期発見と早期治療のためには、次のことを意識すると良いでしょう。

 

  • 不特定多数のパートナーとセックスをしたことがあれば、一度検査を受ける
  • パートナーが限定的であっても互いの健康を考え、念のため検査を受ける
  • コンドームを使用せずアナルセックスをしたことがあれば感染のリスクが高い
  • オーラルセックス用のコンドームを使わない人は念のため一度検査を受ける
  • 男性同士のアナルセックスで出血がある場合は危険性がある
  • 自分は大丈夫だと思わず、検査を受けて性病ではないことを確認する
  • もし性病であった場合はすぐに治療を受ける

 

どれも意識すれば、難しいことではありません。日ごろから感染しないための行いが身を守ることになります。梅毒やカンジダのような性病にならないことが一番ですが、もしなってしまっても治療によって完治はできます。

 

 

 

性病治療は早期発見と早期治療が重要であり、疑いがあれば是非とも自己検査を受けてください。

 

製薬産業が発展しているスイスのデリケートゾーンケア医薬品

 

 

 

実際の検査機関抜粋はこちら