誰でも可能性あり?日本人によくあるガンの種類と自己検査

誰でも可能性あり?日本人によくあるガンの種類と自己検査

誰でも可能性あり?日本人によくあるガンの種類と自己検査

 

日本人はガンによって亡くなってしまう人が多いですが、発病のリスクには誰にでもあるため日ごろから予防が必要です。

 

 

 

生活習慣や遺伝によって患う人や一生患わない人など様々ですが、日本人には肺や大腸のガンが多いというデータが存在します。

 

 

 

病院に行けば細かく検査してもらえますが、最近では自宅にいながら受けられる自己検査が人気を博しています。

 

日本人はガンで亡くなることが多い

 

一生大きな病気にかからず、生涯を終える人も珍しくはありません。しかし、日本人はガンで亡くなってしまうことが多いです。日本ではガンになる人が年間で約53万人、亡くなってしまう人が年間で32万人いると言われています。

 

日本人に多いガンの種類

 

男性では肺ガンや胃ガンが多く、女性では大腸ガンや乳ガンが多いです。全体的に見て肺と大腸のガンの患者数が多く、喫煙や食の欧米化と運動不足が関係していると考えられています。

 

ガンの有無を検査で把握する重要性

 

予防や早期発見には定期的な検査を受けることが重要で、食事バランスや適度な運動なども大切と言われています。

 

誰でも可能性あり?日本人によくあるガンの種類と自己検査

 

会社で年に一度人間ドックを行っているところは良いですが、受ける機会がない場合は自費で受けてみましょう。

 

自己検査で簡単にガンの可能性がわかる

 

忙しい人やお金に余裕がない人には、自宅にいながらガン検査が受けられる自己検査をおすすめします。検査方法も簡単で費用を安く抑えることもできるため、定期的に専用キットを購入して検査を受けると良いでしょう。

 

自己検査の主な方法

 

検査キットを使った方法で多いのが、指先を針で刺して血液を採取する方法です。尿や便を採取して異常がないかをチェックする方法、女性特有のガンをおりものからチェックする方法もあります。

 

自己検査でわかるガンの種類

 

より細かくチェックしたい場合は病院の検査がベストですが、以下の場合は自己検査で問題ありません。

 

  • 尿の中に含まれる膀胱ガン細胞の検査
  • 便ヘモグロビンから判断する大腸ガンの検査
  • 男女ともに受けられる性器型HPVの検査
  • 女性特有のおりものから判断する子宮頸ガンの検査
  • 成人T細胞白血病ウイルスやB型ウイルス性肝炎の検査

 

特に病院で患部を見られることが恥ずかしい場合、自己検査で調べて結果を待つとプライベートを守ることが可能です。

 

 

 

ガンや予防可能ですが、自己検査で早期発見早期治療を行うと良いでしょう。気を付けているつもりでも当然判明する人もいるため、検査は頻繁に行うことはないため定期的に受けることです。

 

厚労省認定:在宅血液検査キット オウチde検査キット

 

 

 

実際の検査機関抜粋はこちら