もしかしたら?と思ったらうつ病の自己検査を受けてみよう

もしかしたら?と思ったらうつ病の自己検査を受けてみよう

もしかしたら?と思ったらうつ病の自己検査を受けてみよう

 

仕事や人間関係のストレスが原因で精神病になる人が急増しており、特にうつ病の症状を訴える人が増加傾向にあります。

 

 

 

うつ病の場合必要に応じて休養しながら薬物治療やカウンセリングが必要ですが、最近では自己検査によって判断することができます。

 

 

 

精神的に辛いことが続き憂鬱や倦怠感が続くようであれば、病院へ行く前に一度自己検査を受けると良いでしょう。

 

うつ病の検査を受ける重要性について

 

現代社会は仕事や人間関係で何かとストレスを感じやすいことから、ストレス社会とも呼ばれています。

 

 

 

嫌なことが起きて気分が悪くなるのは当然ですが、うつ病の場合はそれが慢性化するため、検査を受けて必要に応じて治療を受ける必要があります。

 

病院に行く前に自己検査を受けよう

 

うつ病の診断は心療内科や精神科で下されますが、事前に自己検査を受けておくと良いでしょう。

 

 

 

検査結果を医師やカウンセラーに見せると診察や診断にも役に立ち、気になる症状と合わせて説明できます。医師とのコミュニケーションが積極的にとれれば、正しい診察が行われることにつながるでしょう。

 

自己検査でうつ病がどうかがわかるのか?

 

うつ病かどうかの判断ですが、自己検査の場合は血液を採取して行います。採取した血液を分析して、エタノールアミンリン酸と呼ばれる成分の血中濃度をチェックするのです。

 

エタノールアミンリン酸の濃度はうつ病患者と健康な人で差がある

 

うつ病を患っている人は健康な人と比較すると、エタノールアミンリン酸の濃度が低いことが判明しています。

 

もしかしたら?と思ったらうつ病の自己検査を受けてみよう

 

研究を続けていた専門医がメーカーと共同研究した結果であり、自己検査に用いる専用キットの信憑性も高いと言えるでしょう。

 

自己検査を受けておくべき人の特徴

 

うつ病かどうかを自分で決めることは難しいため、以下に該当する人は自己検査を検討すると良いでしょう。

 

  • 憂鬱になることが多く、気分がなかなか改善されない
  • 夜なかなか眠ることができず、夜と朝の生活が逆転する
  • 休憩しても疲れが取れずため息をつく回数が多い
  • 理由もなく不安になったりイライラしたりしてしまうことが多い
  • 将来を悲観したり過去の嫌な思い出が蘇ることがある

 

上記のうちどれか一つでも該当するのであれば、念のために自己検査を受けてはいかがでしょうか。

 

 

 

うつ病などの精神病は現代社会の大きな問題の一つです。もしかしたらと思ったら、勇気を出して自己検査の検査キットを注文しましょう。

 

 

 

早期治療により短い期間で改善されることも多いため、心のモヤモヤはできるだけ早く解消すべきです。

 

 

実際の検査機関抜粋はこちら