痛風は血液検査で知ることが出来る?痛風外来もおすすめ

痛風は血液検査で知ることが出来る?痛風外来もおすすめ

痛風は血液検査で知ることが出来る?痛風外来もおすすめ

 

プリン体を多く含む食べ物が好きな人に多いのが痛風ですが、痛風外来による治療が良いでしょう。日ごろから患わないように気を付けることが一番ですが、自己検査を受けて血液に異常がないかチェックする方法もあります。

 

 

 

痛風は関節炎の一種であるため症状がわかりやすいですが、早めに治療した方が良いので気になる人は受けておきましょう。

 

痛風とはどのような病気か?

 

血液中の尿酸値が高い状態を高尿酸血症と言いますが、その影響で足の指や足首などに痛みが起こることが痛風の特徴です。関節炎の一種ですが診療科目は整形外科だけではなく内科でも良く、中年男性に多く見られます。

 

血液採取によって検査を行う

 

血液中の尿酸値の異常が原因だとわかっているため、血液検査をすれば痛風かどうかがわかります。白血球数の増加やC反応性蛋白の陽性反応の有無で判断し、骨の形に異常が見られる場合でも痛風と診断されることもあります。

 

痛風の検査には自己検査がおすすめ

 

病院へ行くことに抵抗がある人で、痛風であることがバレたくない人には、自己検査用のキットが良いでしょう。

 

 

 

痛風は生活習慣病の一種とも考えられています。そのため、自宅にいながら他の項目と一緒に検査を受けることが可能です。

 

血液を採取することは難しくない

 

病院で血液検査を受ける場合は注射をしますが、自己検査では指先を針で刺してすぐに終わるため痛みは少ないです。シンプルな方法であるため、一人でもできるでしょう。難しく考えることは何一つありません。

 

他の項目と一緒にチェックができる

 

血液検査によって他の生活習慣病のリスクをチェックできることが、痛風の自己検査の最大のメリットと言えるでしょう。

 

痛風は血液検査で知ることが出来る?痛風外来もおすすめ

 

食生活や運動不足も発症の要因となると考えられているため、健康状態が気になる人は積極的に検査キットを購入してください。

 

痛風の自己検査を受けた方が良い人

 

足の指が痛むなど明らかな症状がある場合の他に、次のような場合は検査すると良いでしょう。

 

  • レバーや一部魚介類などプリン体を多く含む食べ物を多く摂取する人
  • ビールなどのアルコール類を毎日摂取する人
  • 生活習慣に自信がなく不規則な生活を続けている人
  • 発症が多いとされる40代以上の男性

 

一度検査を受けてもし可能性があれば専門外来で治療ができるため、タイミングは早い方が良いです。

 

 

 

痛風は男性に多く様々なことが要因となり得ますが、不安なら一度自己検査を受けてください。検査方法は簡単で専用キットで血液を採取するだけであり、病院嫌いな人も受けやすいと言えます。

 

 

実際の検査機関抜粋はこちら