自己検査でピロリ菌をチェック・胃がんの早期発見も

自己検査でピロリ菌をチェック・胃がんの早期発見も

自己検査でピロリ菌をチェック・胃がんの早期発見も

 

日本人にはガンによって亡くなってしまう人が多いですが、特に胃ガンによって苦しい思いをする患者が増えているのです。

 

 

原因には様々なことが考えられますが、患者のほとんどがピロリ菌に感染していたとの報告例も存在します。ピロリ菌の有無は自宅で行う自己検査によって確認でき、早期発見によって多くの命が助かっているのです。

 

胃ガンとピロリ菌には深い関係がある

 

ピロリ菌は胃の内部に生息する菌のことを言い、ガンの他にも炎症や胃潰瘍の原因になると言われています。

 

 

 

胃ガン患者の99パーセントがピロリ菌に感染していたとの報告が残っているように、恐ろしい病気の引き金となる悪い菌と言えるでしょう。

 

胃ガンかどうかを検査によって調べる

 

もし胃ガンになってしまっても早期治療により命は助かるため、如何にして早期発見をするかが重要です。病院で行われる人間ドックの他、個人が自宅にいながら行える自己検査で調べることが可能です。

 

胃ガンの検査には自己検査が良い

 

自己検査であれば忙しさを理由に病院での検査を避けていた人でも、気持ちを軽くしてガンの可能性の有無をチェックできるのです。

 

自己検査でピロリ菌をチェック・胃がんの早期発見も

 

検査結果は早ければ数週間で届けられるため、積極的に受けると進行ステージが初期の段階で見つかりやすいことがメリットと言えるでしょう。

 

自己検査はどのようにして行うのか?

 

ピロリ菌の有無を確かめる場合、便ピロリを調べるために便を採取する必要があります。自宅のトイレであれば誰かに見られる心配はなく、採血用のろ紙を使った血液検査がセットになったキットが多いです。

 

検査結果が出るのは早い

 

他の自己検査では一ヶ月ほど待たなければならない場合があります。しかし、ピロリ菌検査は期間がかかりません。取り扱われるキットの内容によって多少差はありますが、ほとんどの場合一週間から二週間程度で判明します。

 

胃ガンの自己検査を受けた方が良い人

 

健康診断はすべての人が受けるべきですが、胃ガンのための自己検査は次のような人におすすめです。

 

  • ガンの発症率を高める喫煙の回数が多い人
  • 塩分の多い食事を続けている人
  • 会社や学校で行われる簡単な健康診断以外に検査を受けたことがない人
  • 家族の中に胃ガンを発症した人がいる人

 

いずれの場合でも検査によって早期発見につながれば、簡単な治療で済む場合が多いのです。日本人の胃ガンの発症率は高いと言われますが、自己検査によって早期発見と早期治療が可能となります。

 

 

 

キットを使った便の検査によってピロリ菌の有無がわかるため、健康維持のためにも検査を受けることは欠かせません。

 

 

実際の検査機関抜粋はこちら