成人してからでも遅くない?ADHDの自己検査を受ける方法

成人してからでも遅くない?ADHDの自己検査を受ける方法

成人してからでも遅くない?ADHDの自己検査を受ける方法

 

社会人になってから思わぬ病気や障害が発覚するケースが多いですが、ADHDは成人してから発覚することがとても多いです。

 

 

 

注意欠如や多動症とも呼ばれ、脳の連動に関連する部分の働きに異常があることで仕事や日常生活に支障が出てしまいます。

 

 

 

現在では専門医の下で治療が可能ですが、病院へ行く前に簡単な自己検査を受けて自ら把握することが大切です。

 

自己検査の前にADHDについて知ろう

 

ADHDとは注意欠如や多動症とも呼ばれる発達障害の一つで、物事に対する不注意や衝動性が見られることが特徴です。

 

 

 

仕事で単純なミスを何度も繰り返してしまう、思ったことをすぐに口に出す、などが典型的な症状です。

 

子どもだけではなく大人にも多い

 

発達障害は成人に達していない高校生や小さな子どもに多いですが、社会人として働く大人にも患者がいます。本人は発覚するまで自覚がまったくなく、職場で他人から指摘を受けて初めてADHDだとわかることが多いのです。

 

ADHDは検査によって判断される

 

発達障害の治療を受ける患者数は増加傾向にあり、専門医による詳しい検査によってADHDなのか判断されます。

 

成人してからでも遅くない?ADHDの自己検査を受ける方法

 

仕事や学校の行事で同じミスばかり繰り返すなど自覚症状があれば、成人後であっても不安を解消するために検査と治療を受けると良いでしょう。

 

ADHDは自己検査を受けることも可能

 

適切な判断と治療は専門医のいる病院で行われるべきですが、医師に相談する前に自己検査を受けてください。検査に用いる専用のマニュアルやテキストがあり、取り扱うメーカーの公式ページから注文可能です。

 

ADHDの自己検査はテストのようなもの

 

他の自己検査のように血液や尿を採取するのではなく、発達障害の可能性を確かめるための専用のマニュアルやテキストで検査します。いくつかの質問事項に回答するだけであり、テストだと思ってリラックスして受けて問題ありません。

 

ADHDの疑いが強い人は自己検査を受けよう

 

次に該当する人は、一度自己検査を受けて病院へ行くか判断しましょう。

 

  • 物事に集中できず、気が散ってしまうことが多い
  • 仕事や勉強などで単純なミスを何度も繰り返す
  • 片付けや時間管理が苦手
  • 貧乏ゆすりなどの意味のない行動が多い
  • 計画性のない衝動買いが増えている

 

届けられた検査結果を持参して受診すると、医師やカウンセラーも診断しやすくなるでしょう。

 

 

 

治療は成人してからでも可能なため、自分にはおかしなところがあると自覚している人は是非とも自己検査を受けてください。一人で悩み続けていても意味はなく、一歩踏み出す勇気が人生を変えるのです。

 

 

実際の検査機関抜粋はこちら