お酒を飲みすぎは体臭が悪化する?

コラム | お酒を飲みすぎは体臭が悪化する?

お酒を飲み過ぎると体臭が悪化するかもしれないので気をつけてください。

 

アルコールを摂取すると体内で分解され、アセトアルデヒドという物質になります。

 

このアセトアルデヒドが体臭を悪化させる原因です。

 

アセトアルデヒドには刺激臭があり、血液の中に入ると汗や尿、便、息などから嫌な臭いを発生させます。

 

そして、アセトアルデヒドは24時間無くならないといわれているので、丸一日体臭と付き合わないといけません。

 

ただ、これはあくまでもお酒を飲み過ぎた場合です。

 

適量であれば体臭が悪化することはありません。

 

飲み過ぎがいけないだけなので、なにも禁酒しないといけない訳ではないです。

 

お酒の量が多いと感じる人は、体臭も強くなっているかもしれないので、節酒を意識された方がいいでしょう。

 

また、休肝日を設けて、たまには肝臓を休めるようにしてください。

 

過度なアルコールは体臭だけではなく、健康にも悪いのでほどほどにしておきたいところです。