献血を行うことで貰える血液検査結果からどんな事がわかるの?

献血を行うことで貰える血液検査結果からどんな事がわかるの?

献血を行うことで貰える血液検査結果からどんな事がわかるの?

 

個人が血液検査を行う機会がありますが、たとえば献血で血液検査の結果を受け取ることができます。

 

 

 

ボランティアや特典をもらうために自ら積極的に献血を行う人がいますが、協力してくれた人への感謝の表れとしてサービスが展開されています。

 

 

 

主に生化学検査成績と血球計数検査成績がわかりますが、チェック項目の中に異常があった場合は教えてもらえます。

 

献血に協力することで血液検査をしてもらえる

 

あくまで献血の目的は輸血を必要とする人たちのためにありますが、協力することで特典を受けられるのです。その一つが血液検査のサービスで、正常か異常かを調べるよりも数値が基準の範囲内であるかに重きが置かれます。

 

HIVの検査を目的とすることはダメ

 

血液検査と言えばHIVをイメージする人が多いですが、HIVの有無を知るために献血をすることはいけません。あくまで協力してくれた人へのサービスであり、検査を目的とした場合は断られるでしょう。

 

献血の血液検査結果からわかること

 

検査によってチェックされる項目は、大きく分けて二つ存在します。

 

  • 内臓の機能や血中のコレストロールなどの生化学検査成績
  • 血液に含まれる赤血球やヘモグロビンなどの血球計数検査成績

 

血液を検査することで簡単な健康診断ができ、生活習慣に大きく関わるコレストロール値などがわかります。

 

献血を行うことで貰える血液検査結果からどんな事がわかるの?

 

また血液に含まれる赤血球などが十分な数値であるかも重要で、もし不足していた場合でも食事や生活習慣で改善可能です。

 

もし検査結果に異常がある場合はどうなる?

 

病院で行われる検査ではなくあくまでサービスであるため、結果の通知は希望者に対してのみ行われます。献血を行った日から約2週間後に、簡易郵便が親展で届けられるはずです。

 

治療した方が良い場合の通知もある

 

ただの数値の異常ではなく、たとえばB型肝炎や梅毒検査を希望した場合に限られます。結果の数値から異常が認められた場合、献血を行った日から約1ヵ月後に親展で通知が届きます。

 

特に異常がなければ気にすることはない

 

血中に必要な成分が含まれており健康と言える状態であれば、気にせずに普段通りの生活を過ごして構いません。今では自己検査という気軽な方法がありますが、ついでに異常がないかチェックする程度に構えましょう。

 

 

 

献血はあくまで輸血が必要な人のためにするものですが、サービスによる血液検査は嬉しい特典と言えます。自分の血が健康だとわかれば、輸血にもより積極的になれるため、多くのメリットが存在します。

 

 

実際の検査機関抜粋はこちら