言えない悩み|自分で検査、治療がここまでできる

浸透中の怖い病気 梅毒

じわじわ流行している梅毒

 

梅毒は、病原体『梅毒トレポネーマ』により引き起こされる感染症です。
『梅毒トレポネーマ』がとどまる場所は、性器などの患部です。

 

現在では、早期発見により完治できる病気です。

 

感染経路は、性的な接触(他人の粘膜や皮膚と直接接触すること)が殆ど。
オーラルセックスでも感染します。

 

進行と症状は、

感染後3~6週間程度の潜伏期を経て、経時的に様々な臨床症状が逐次出現する。その間症状が軽快する時期があり治療開始が遅れることにつながる。?

 

早期顕症梅毒 第 I 期 ; [感染部位の病変]感染後約3週間後に梅毒トレポネーマが進入した局所に、初期硬結、硬性下疳(潰瘍)が形成される。無痛性の所属リンパ節腫脹を伴うことがある。無治療でも数週間で軽快する。?

 

早期顕症梅毒 第 II 期梅毒 ; [血行性に全身に移行]第 I 期梅毒の症状が一旦消失したのち4?10週間の潜伏期を経て、手掌・足底を含む全身に多彩な皮疹、粘膜疹、扁平コンジローマ、梅毒性脱毛等が出現する。発熱、倦怠感等の全身症状に加え、泌尿器系、中枢神経系、筋骨格系の多彩な症状を呈することがある。第 I 期梅毒と同様、数週間?数ヶ月で無治療でも症状は軽快する。早期顕症梅毒症例で髄膜炎や眼症状などの脳神経症状を示すものは、早期神経梅毒と呼び晩期梅毒の神経梅毒とは区別する。

 

潜伏梅毒 ; 梅毒血清反応陽性で顕性症状が認めらないものをさす。第 I 期と第 II 期の間、第 II 期の症状消失後の状態を主にさす。第 II 期梅毒の症状が消失後、再度第 II 期梅毒症状を示すことがあるが、これは感染成立後1年以内に起こることから、この時期の潜伏梅毒を早期潜伏梅毒と呼ぶ。これに対応して、感染成立後1年以上たつ血清梅毒反応陽性で無症状の状態を後期潜伏梅毒と呼ぶ。

 

晩期顕症梅毒 ; 無治療の場合、約1/3で晩期症状が起こってくる。長い(数年?数十年)の後期潜伏梅毒の経過から、長い非特異的肉芽腫様病変(ゴム腫)、進行性の大動脈拡張を主体とする心血管梅毒、進行麻痺、脊髄癆等に代表される神経梅毒に進展する。

 

先天梅毒 ; 梅毒に罹患している母体から胎盤を通じて胎児に伝播される多臓器感染症である。

 

早期先天梅毒の発症年齢は、生下時〜生後3カ月。出生時は無症状で身体所見は正常な児が約2/3とされる。生後まもなく水疱性発疹、斑状発疹,丘疹状の皮膚病変に加え、鼻閉、全身性リンパ節腫脹、肝脾腫、骨軟骨炎、などの症状が認められる。

 

晩期先天梅毒では、乳幼児期は症状を示さずに経過し、学童期以後にHutchinson3徴候(実質性角膜炎、内耳性難聴、Hutchinson歯)などの症状を呈する。

国立感染研究所サイトより抜粋

 

 

感染力が他の性病よりも強く、1回の性交で15〜30%の確率で伝染ります。
(相手がキャリアの場合)
また、他臓器を侵す能力がある恐ろしい病気です。
中世期にヨーロッパ全土、全世界に広がったことがあります。

 

第U期までなら治療が間に合います。

 

梅毒は、通販の検査でも感染を確認することができます。

 

ドクターアンドポストで検査が可能

 

LLove

 

 

実際の検査機関抜粋はこちら