自己検査の費用負担について・医療費控除は受けられるのか

自己検査の費用負担について・医療費控除は受けられるのか

自己検査の費用負担について・医療費控除は受けられるのか

 

専用の検査キットを使った自己検査を行う人が年々増えていますが、気になるのが費用はいくらかかるかでしょう。自由に使える金額やその他の費用を考えれば安いのに越したことはないですが、検査キットの場合は残念ながら対象とはなりません。

 

 

 

しかし自己検査は専用サイトから購入したキットを使えば安く済むことが多く、頻繁に行う必要もないため工夫次第で経費は抑えられるでしょう。

 

自己検査で医療費控除を受けることはできる?

 

一般のサラリーマンなどであれば、医療費控除を受ける人は多いことでしょう。しかし自己検査の場合、扱いが異なるため残念ながら受けるための条件として該当しないのです。

 

例外的に認められることもある?

 

原則として病気ではないため、医療費控除の対象外となります。しかし健康診断のオプションを自己負担して病気が発覚した場合、認められることもあるのです。

 

受ける場合は治療を続けること

 

治療のために控除が許されるため、病気は甘く見ず付き合い続けることです。医療費が高額となるケースも存在するため、領収書は捨てずに保管しましょう。

 

自己検査で医療費控除が認められないのは何故か?

 

まず言えることですが自己検査は病気の疑いがあるかをチェックするもので、病気の治療のために行う行為ではありません。同様に健康診断や予防接種なども、対象とはならないのです。

 

検査キットはアイテム

 

複数の考え方が存在しますが、検査キットが血液を採取するためのアイテムだからというのが有力説です。治療を目的としたものではなく、あくまで個人が気軽で簡単に検査を行うためのものなのです。

 

医療費控除がなくても心配はない

 

持病や大きな怪我によって治療を続ける人は医療費が安くなると嬉しいものですが、検査キットはどれも安いです。複数の項目を一度にチェックできるものは高くなりますが、平均額は次の通りです。

 

  • 肺ガンや膀胱ガンなどの細胞検査で約4,500円
  • 胃ガンの血液検査や便ピロリの検査で約9,7000円
  • B型ウイルス性肝炎の検査で約3,800円
  • クラミジアや梅毒など複数の検査で約10,000円

 

医療費控除がなくても一度の検査で上記の通り安く済む場合もあり、数ヶ月に一度のチェックで十分と言われています。

 

自己検査の費用負担について・医療費控除は受けられるのか

 

自己検査で検査用のキットを使っても医療費控除を受けることはできませんが、項目が一つだけの場合なら十分安いと言えます。控除対象ではないことを理由に消極的になるのではなく、健康のためにも便利で良いものは最大限活用しましょう。

 

 

実際の検査機関抜粋はこちら