検査結果が恥ずかしい検査は匿名検査で受ける事も可能なの?

検査結果が恥ずかしい検査は匿名検査で受ける事も可能なの?

検査結果が恥ずかしい検査は匿名検査で受ける事も可能なの?

 

自己検査は在宅で健康状態や病気の有無がチェックできる便利なものですが、それ以外にもメリットがあります。たとえば性病などデリケートで他人には知られたくない検査の場合、完全匿名性で受けることが可能です。

 

 

 

恥ずかしい思いをしたくないとの理由で病院での検査を避ける人が多いですが、匿名性であれば他人に知られることがないため安心です。

 

病院の検査を避ける人が多い理由

 

自覚症状がない病気も多いですが、明らかに身体に異変があれば、誰でも病気の可能性を疑うものでしょう。しかし病気によっては知られるのが恥ずかしいと理由を作り、病院へ行くことをためらってしまうこともあります。

 

性病を恥ずかしがる人が多い

 

デリケートな問題である性病は、女性だけでなく男性でも病院へ行くのにはそれなりの勇気が必要です。

 

 

 

患部を診るのは同性の医師ですが、デリケートな問題であり問診にも応じなければならないため避ける人の気持ちもわかります。

 

病院での検査が嫌なら匿名で自己検査を受けよう

 

自己検査であれば、自分以外の誰かに見られることも知られることもありません。気軽に病気の有無について、診断できるでしょう。

 

検査結果が恥ずかしい検査は匿名検査で受ける事も可能なの?

 

性病用の検査キットは専門サイトで多く取り扱われており、安いものでは4,000円前後で購入できます。

 

匿名性で検査を受けることが可能

 

性病キットを取り扱うところで多いですが、希望によって匿名で検査してもらえます。郵送では個人情報が必要ですが、メールやウェブ上で公開する場合なら問題ないでしょう。

 

匿名で検査を受けるメリット

 

まず匿名により個人のプライベートへの配慮が可能となり、恥ずかしい思いをしません。病気の有無が早くわかれば精神的にも安心できるため、病院へ行くのが嫌な人にこそメリットが大きいと言えるでしょう。

 

匿名検査が可能な検査とは?

 

場合によっては匿名では不可能なこともありますが、以下のものは可能であることが多いです。

 

  • HIVやその他性病に関する自己検査
  • 脂肪および肥満に関する自己検査
  • 適したスポーツをするための遺伝子分析の自己検査
  • アルコール感受性遺伝子の自己検査

 

検査用キットを取り扱うメーカーによって異なりますが、性病以外でも匿名で結果がわかります。

 

 

 

恥ずかしさを理由に病気の有無がわからず症状を放置することはいけませんが、自己検査は実際に病院に行くためのきっかけ作りにもなります。

 

 

 

検査の結果、問題がなければ安心できるため、利用しやすい匿名性の検査にはメリットがあるのです。

 

 

実際の検査機関抜粋はこちら